寿司打

どれだけ多くのお皿を重ねられる?回転寿司で楽しくタイピング練習!

寿司打はローマ字入力用のタイピング練習ゲームです。回転寿司のお皿が目の前を流れてしまう前に画面の文字をタイプして、どれだけ多くの寿司ネタを食べられるかにチャレンジします。難易度にもバリエーションがあり、幅広いレベルの人におすすめです。皿数を重ねることを目標に、食べ放題感覚で楽しくタイピング練習ができます。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 回転寿司の要領で楽しくタイピング練習ができる
  • さまざまなレベルが用意されており飽きない
  • BGMや効果音もユニーク

反対票

  • 苦手キーなどの分析はない

とても良い
8

寿司打はローマ字入力用のタイピング練習ゲームです。回転寿司のお皿が目の前を流れてしまう前に画面の文字をタイプして、どれだけ多くの寿司ネタを食べられるかにチャレンジします。難易度にもバリエーションがあり、幅広いレベルの人におすすめです。皿数を重ねることを目標に、食べ放題感覚で楽しくタイピング練習ができます。

寿司打では左から右へとレーンに乗ったお寿司が流れてくると同時に、画面中央に単語が表示されます。ネタが右端まで到達してしまう前に表示された単語をタイピングしましょう。単語は寿司ネタとは関係のないものも出題されます。画面下にクリアしたお皿の枚数が表示され、現在どのくらいのお皿を重ねたのかが分かります。お皿にはそれぞれ本物の回転寿司のように金額設定があるので、より高い(難しい)お皿を中心にするのも手です。ミスをしないで枚数を重ねられれば連打メーターがたまり、ボーナスとして時間が1秒~3秒プラスされます。

寿司打には、5段階の難易度と3種類の料金コースが用意されています。コースが高くなるほど文字数も多くなり、制限時間も増えます。打ち間違えるとその単語を最初からやり直しになる「正確重視」や、一度でもキーを打ち間違えると即ゲームオーバーになるシビアな「一発勝負」なども用意されており、飽きずに練習できます。

寿司打ではゲーム終了時に平均キータイプ数やミスタイプ数などは表示されますが、苦手とするキーなどの表示はありません。また、ローマ字表示をOFFにした際に打ち込んだ文字が灰色で表示されるので、背景の黒と同化してやや見にくく感じました。そのほかタイピングができるWebサービスにはTwitterのタイムラインでタイピング練習ができるTwpistがあります。

寿司打は回転寿司の要領でタイピング練習ができるWebサービスです。「通常Play」と「静かにPlay」がありますが、テンポの良い音楽と心地よいタイピングの音が響く「通常Play」をおすすめします。

寿司打

サイトにアクセス

寿司打